FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
07年春の18きっぷ旅行6日目その1
2007-06-02 Sat 17:14

3月18日

秋田から仙台へ~


昨日の雪の影響で道路にはまた雪の層ができていた。電車が結構早い時間に出発するので朝食は手早く、そしてガッツリ食う。食堂・というかビュッフェは最上階にあって秋田の町がよく見渡せる。空気が澄んでいるから若干曇っていたけど遠くまで見渡せる。


07-0009


準備を済ませチェックアウト。寒いけどiPodも動くみたいでなにより。今日の701系地獄はiPodでエスケープできるかも大事だ。昨晩積もった新雪を踏み荒らしながら駅まで2kmぐらいの道のりを歩く。久保田城址公園の前も真っ白だ。もうすぐ雪景色ともオサラバだ。無駄にシャリシャリ踏み荒らして駅へ向かう。
最終日だし(いよいよ)重たい日本酒を2本買っておく。米がおいしいからたぶん日本酒もおいしいだろう。
さてさて、本日の行程だが。8時11分に秋田を出発した後は仙台での昼食チャンス以外は一心不乱に上野を目指す。そのほとんどがおそらく悪魔701系で厳しい旅が予想されるが、これも自分で仕組んだもの。この旅行が終われば18きっぷ旅行なんてもう出来るチャンスはないだろう。だったら最後に最悪最低な行程を組んで「18きっぷ旅行なんかもうしたくねぇ!!」と言わせれば旅行に対する憧れもなくなって研究室生活に打ち込めるんじゃないの?という考えだ。
本日のファーストランナーも幸先良く悪魔701系。
これで横手・新庄方面へ向かう。日曜日の朝だけあって全然混んでいない。秋田-大曲は昨日1往復した区間だし701系で景色をガン見するというのは結構体力を使う行為なので本を読んで大人しくする。
ちょうど読んでいる本が田舎のちょっと寒い地域が舞台になっていて登場する電車や町の感じが今の状況と近くて感情移入しやすい。

大曲を越え、後三年の役があった後三年を過ぎればもう横手だ。

07-0010


横手からは北上線で東北本線の北上へ向かう。ここで奥羽山脈を越えれば後は東北本線を一直線に上るのみ。北上線はかつて田沢湖線が秋田新幹線用の工事で不通になったとき、田沢湖線特急たざわに代わって秋田へのアクセス用として「秋田リレー号」なる列車が走っていた。秋田リレー号は普通列車用のキハ100系を特急用に簡易改造した車両が充当されていた。そのときの塗装にピンクが使われていて、今の新幹線こまちの塗装に通じるものがある。


07-0011


あたりに何もない駅で少し待つと雪を被った単行のキハ100系が入線してきた。




07-0012


天敵701系包囲網の中でディーゼルカーはクロスシートだから落ち着く。さっそくボックスを占領して足を伸ばす。乗客は旅行客と普通の客が半々といったところか。同じボックスにも女性の1人旅行者が座ってきた。どうも同じボックスに座る人は女性の旅行者の率が高いような・・・気のせいだな。

本を読んでいるうちに発車。すぐに奥羽本線と別れ山間部へ向かって行く。人家も少なくなっていく。

07-0013


でも景色はすこぶるいい。雑誌の旅行の記事に載るような有名なスポットはないが奥羽山脈越えはやはり圧倒的だ。
雪も濃くなっていってローカル線の貫禄は充分。
駅舎の中に温泉があることで有名な「ほっとゆだ駅」を中心にゆだ高原やゆだ錦秋湖あたりは北上線のハイライト。車窓から目を離すことができない。

07-0014



通過する分には景色が良くていいけど生活するのはやっぱ大変なんだろうな、と当たり前のことを思いつつ。景色に浸る。いつか奥羽山脈をジグザグに横断しまくる旅行もいいかもな。
和賀仙人駅とかいう、とてつもない名前の駅を出て数駅たつと、一気に視界が開けた。奥羽山脈が終わったのだろうが景色の変化っぷりがすごい。天気も晴れになって、雪に反射して眩しい。

07-0015


北上駅に近づくにつれ積雪量は減っていき地表が見える部分も多くなっていた。日本海側・山脈・太平洋側の気候の変化も実感できる。そんなわけで景色の変化に圧倒されながら北上に到着。


北上線からの旅行者は大体が18きっぷ利用者なのかそのままほとんどが待合室に溜まっていた。その待合室ですっごいポスターを見かけた。

この旅行期間中(07年3月中旬)はDC(ディスティネーションちば)キャンペーンなるものをやっていて、「ちば行こうぜ」な企画や臨時列車の宣伝が全国あちこちであり、それはここ北上駅も同じ。
で、そのDCキャンペーンのデカいポスターの上に

「3月18日JR東日本
 千葉支社ストライキのお知らせ」




!!!!!!!



さっすが千葉やってくれるぜ!
千葉に旅行したくてもストライキってどんだけだよ!
千葉のクオリティはやっぱレベル高いな。
だって今日3月18日はダイヤ改正初日だぜ?
実際決行したかはともかく、全国にこんなポスターが晒されるなんてもう笑うしかない。
わざわざDCキャンペーンに並べて貼ってくれる北上駅駅員の茶目っ気にも拍手だ。あー写真撮っておけばよかった。


そんなステキな北上駅を東北線ホームへ。入線してくるのはもちろん地獄からの使者701系だ。
07-0016



正直もう乗り飽きた。乗り飽きたっつーかいつも乗ってる通勤電車と変わらないし。違うのは半自動ドアというシステムと帯の色・・・

さあこっからが勝負だ。仙台近郊エリアで701系を回避できるかが勝負の分かれ目だろうが、東北本線を一心不乱にひたすら南下していく(南下するのに上り線だからちょっとややこしい)。
そして701系ではお約束のiPodを起動。なんとか動いてくれてよかったよかった。
東北本線は新幹線開通前まで特急がバシバシ走っていただけあって線形もよく駅も無駄に待避設備を備えた駅が多く規格が高い。1時間1本の普通列車にしか使われないのがもったいない。景色も平野部が広く、遠くに北上山地が見え晴れた空と相まってのびのびした景色だ。


07-0017


ロングシートであることが本当に悔やまれる。東海道線なんかより全然いい景色なはずなのに堪能できないのがもったいない。
1~2割ぐらいを占める旅行客も寝ることに全力を投じている。奥州藤原氏で有名な平泉を過ぎ(ぶらり途中下車したくなったが堪えた)、新幹線の高架が接近してくるとこの列車の終点一ノ関。



07-0018


一ノ関からは当然お約束の701系。あ、ラインカラーが緑に変わってる。ちなみに秋田の701系はピンク。盛岡は紫だ。
ま、ラインカラー以外は何の変化もない通勤電車だ。もう勘弁してくれよ。
僕は座れたからいいが立ち客も出している。座席数が明らかに少ない701系の欠点を目の当たりにした。
途中ちょろっとずつ客の入れ替わりがあるから終点まで立ちっぱなしということもないが一駅進むのに5分以上かかるんだからやはりツラいだろう。
てか目の前に立たれると景色見えないし…



07-0019


さっきの北上-一ノ関とあまり代わり映えしない景色だったので気がついたら寝ていた。そしてまた足の土踏まずがツっていた。


起きたら小牛田まであと1~2駅というところ。
あれ?この列車って仙台まで直通じゃねーの?そういや今日からダイヤ改正だから変わったのかな。
改正どころか改悪だろ、わざわざ細切れにしやがって。

左手(座ってる位置からすれば正面)から石巻(気仙沼)線のディーゼルカーが接近してきて並走すると小牛田。ディーゼルはクロスシートなのが羨ましい。
でもあの旧型ディーゼル(キハ47か58系どっちか)ももう少しでキハ110系に置き換えられるみたいでちょっと悲しい。

そして文章的にはあっという間に小牛田だけど、この疲労度はなんだろう。
寝てただけなのにどっぷり疲れきったぜ。これが701系の力なのだな。


小牛田の乗り換えはめんどくさい。
列車最前部の跨線橋を上って前に行くと仙台行きの最後部に出る感じ。
せめて隣同士に並べるとかしてくれよ、まったく。
しかも小牛田からの仙台行きもまったく同じ701系4両。さっきまでのが2両だったから厳密には変わっているけどそんなん。増結で対応すりゃいいじゃん!どこまでコストダウン&サービス低下させれば気が済むんだよ!! 

仙台近郊には719系というクロスシート装備車も走っているからそれを期待したのに、そんな淡い期待は抱いちゃいけないみたいだな。
さっきまでの乗客もほとんどがそのまま仙台行きに乗り換える。
数名は少ない停車時間を利用して駅そばやキオスクで食料を調達していたが、まぁ仙台まであと少しだからその辺はスルー。

めんどっちい乗り換えを済ませ荷物を網棚に…って、ない!

荷物が一つ足りない!!
秋田で買った日本酒―――――っ!
うおおぉぉぉぉぉ!!
まだ発車まで数分あったので全力でさっきの電車に走って舞い戻り自分の座っていた席へ。
よかった~嗚呼、我がかわいい日本酒ちゃん。
無事に保護いたしました!


安心したところで仙台行きへ。さっきの倍の4両だから車内は空いていたけど、一駅ごとにどんどん乗客が増えていく。
若干うとうとしながら足がツったので目を覚ます、を繰り返しながら見所である松島をスルーーー!
日本三景を見逃す運の悪さというか負け組らしさはさすがです。

松島駅から観光客がドンと乗り込み、次の塩釜からは仙台の都市圏でドカドカ客が乗ってくる。あっという間に通勤電車状態だ。これならロングシート車の投入もわからなくは…いや、わからない。京阪神なんか人口密度高いのに転換クロス車をバシバシ走らせているんだから、見習うべきだ。

行き違う列車はたまに719系も混じっていてクロスシートなのが羨ましい。田園風景に混じりながらマンションとかの高層建築が増えてくると仙台は近い。新幹線の高架に覆われて仙山線が合流すると杜の都仙台。

いや~疲れた。座ってるだけなのにえらい疲れた。

後半へ

スポンサーサイト



別窓 | 旅行記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<07年春の18きっぷ旅行5日目その2 | ちょっとそこまで | 07年春の18きっぷ旅行6日目その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ちょっとそこまで |