The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
TOUR DE TAMA 2007
2007-11-15 Thu 23:55

さてさて今週のメインイベントかましてきたぜ!!


後輩と行った茅ヶ崎に始まり、

川崎新横浜と行ってきたチャリ旅!


今回はなんと


自己最長距離の


浮島(羽田空港沖)!


往復距離、約90km!!!!



長くなるので追記にします。

ちなみに写真は走行中に撮ったものなので
画質やアングルの悪さは気にせずどうぞ(w



大学院の院試の勉強中に一緒に勉強していた友達と
「チャリ旅したくね?」と盛り上がったのが事の発端。

夏からだから3ヶ月ごしの念願が叶ったわけです。



学科の同士も集まり4人でいざ浮島へ!!!



朝9時に都立大発。
9時45分に聖蹟桜ヶ丘で立川からの友人と合流。

4度目の長旅へ出発~

さぁ、いよいよ多摩川沿いへ


聖蹟桜ヶ丘から川崎までは35km


1時間10kmペースを目安に多摩川沿いを駆け抜ける青春ボーイズ(w

道幅が狭いのが最大の難点です



サイクリングコースに建てられた『海から○KM』の表示が減っていくにつれドンドン上がるテンション!!


稲田堤…登戸…二子玉川…丸子…川崎…
どこだっけか?記憶あいまい

(たぶん稲田堤付近)

たぶんニコタマだと思う

(二子玉川付近)

やっぱり川沿いを走るってすっげー気持ちいい!

天気も雲ひとつなくて最高!!
チャリ旅のときはいつも天気が味方してくれる!
よっぽど僕の普段の行いがいいんだな(w


A快特の分割がよく分かります

京急川崎で昼食と京急グッズを補給しラストスパート

前回多摩川会で来たときの終点川崎大師もやり過ごし、
小島新田を過ぎると回りは工業地帯に


ラストがこれってゲンアリ

家なんて皆無!

あるのは工場と倉庫と高速道路の橋脚のみ

車道はトレーラーと業務用車ばかりで普通のクルマが見当たらないし。


サイクリングコースも終点は小島新田で終わっていて
ここは物好きだけが行くスパルタンな区間!
排気ガスいやん。

同じような風景を4KMほど走り、

都立大から45km、時間にして4時間半を走り抜け


とうとう着いたぜ、浮島公園!!




そして

チャリたちと海と羽田空港


海と羽田空港!!




着いたどーーーー!!

とうとう浮島公園まで来ちゃったぞーー!!





空港に来るのは初だね

ちょっと絵になる場所でパシャリ。
僕のチャリは海を見るのは2回目。

多摩NT生まれで、2回も海見てるママチャリってどうなのよ!!


青い海と蒼い空

青い空!青い海!青いチャリ!(フレームがね)


この達成感があるからチャリ旅はやめられない!
帰路でツラくなるって分かってるのに、
それを越えるほどの達成感!!


コレほんとに怖いんだって


うおぉぉぉぉ!!


ってコレすっげぇ怖いっす。


1人が2m近くある堤防(っぽいの)に昇ったのをきっかけに
こんな写真を撮るハメに…

この立ち位置から靴1コ分前にずれれば海にまっ逆さま!
足場が不安なところで両手上にして上空見上げるってハンパなく怖いよ!!





1時間ぐらいダラダラしつつ帰路へ。
14時半ぐらいに浮島公園発。
帰りがシンドイんだ、これが…


普通車でございますな

15時に京急線六郷土手付近通過。

15時でこの夕陽っぷりってヤバくね??

川面にちょびっとだけ反射

川崎を出てすぐの右岸からの景色。
川面に夕陽が反射してます。

めっさ感動的だけどこの先大丈夫か??

既にケツも足も痛いわけで。
段々いつもの通りになってまいりました。
みんなからも文句タラタラ(w


夕陽を浴びる武蔵小杉あたり

東急東横線・目黒線と交差する丸子付近。
夕陽の浴びっぷりがわかるかな?

一応このときは「日没までに二子玉川」が目標!!


素晴しきグラデーション

空のグラデーションが素晴しすぎ!!


時間の流れがこんなにも目に見えて、その中を周りの空気を感じながら
自力で駆け抜けていくって、なんかとっても贅沢。


刻一刻と変化していく空の色とゆっくり過ぎ去る景色が感動的。

車じゃ絶対味わえないと思う。


心は充実しながらも体は結構ガタガタ。
ふくらはぎが結構キテる…あとケツ!



青春ボーイズ、多摩川を走るの巻

夕暮れ迫る中、川沿いをひたすら走るの図。

こんな青春な姿って絶対大学生じゃねーよ!!
むしろ高校生でもこんなコテコテのことやらないって!!!


体が悲鳴を上げながら日没前に余裕で二子玉川をパスし
ギリギリのところで登戸・狛江を通過
夜の撮影は難しい。ちなみに電車はヌキで

それでもまだ空はほんのり明るい。

ここが終点だったらどんなに感動的なことか…


ここから更に上流へ10kmで聖蹟桜ヶ丘なんだが、
足やケツが限界でつ…

登戸を出てすぐに日没となり、視界も悪くなる。

どうにか是政橋にたどりつき
ここでようやく丸子以来の休憩らしい休憩。

ケツがぁー!ケツがぁーー!!!


長らく語った後
是政で立川の友達が離脱し、いよいよラストスパート!!





出発から10時間・90mkを経て、
19時過ぎにようやく南大沢・都立大学へ帰ってまいりました!!


てか今気付いたけど、浮島での休憩が1時間だから
帰りもほとんどペースが落ちてないんだな。
よくやったわ。

到着した僕らは歩くのがしばらくシンドかったです。
なんせ1日のうち9時間近くをチャリの上で過ごしたからね…

でも心は達成感と充実感でいっぱい!

いやぁ青春でした!!
ここまでコテコテな青春に付き合ってくれた友達は最高です!

そして僕のチャリンコもよく頑張ってくれました!

またこんなことを出来る日があるのだろうか。




そして帰ってから飲んだビールは最高に旨かった!!!

(最後だけ青春っぽくない…)
スポンサーサイト
別窓 | 旅行記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<小野路で締めくくり | ちょっとそこまで | 600!!!+1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ちょっとそこまで |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。