The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
小野路で締めくくり
2007-11-16 Fri 23:50

今週を締め括るラスト企画!!


小野路探検PART2



またまた東京の秘境、小野路へ行ってまいりました。

いや、前回は小山田だったから初めての小野路か(w

「おまえ前日にママチャリで90kmも走っておいて
 さらに探検なんてどんだけマゾだよ」と突っ込まれそうですが
まぁ、諸々の事情があるわけです。


ちなみに昨日のチャリ旅は話した人全員が「オマエ馬鹿だろ!」
と突っ込んでくれます。


これぐらい言われた方がやったカイがあるってもんです。
逆に「ママチャリ90kmって余裕じゃね?」と言われた日にゃ
涙が止まりませんって。


肝心の本編はやっぱり長くなるので追記にでも。
写真じゃその大自然っぷりが伝わらないと思いますが…




とりあえず起床後……

足が…
足が動かん…

筋肉痛とも違う疲労っぽいダルさ…

え、これってもしや明日筋肉痛がくるってこと?
ギャグにもならんて。リアルだって。
両足に違和感を覚えながら大学に行き、
研究の打ち合わせを済ませ、いざ小野路へ!


昼過ぎに現地到着。
まず、最も情緒のある小野路宿場へ。

なんでもこの道は江戸時代から存在する道とか。

続いて万松寺という寺に向かい脇道には「至 小野路城址」とある。
行くしかねぇ!

地図に道がないのが若干気になるけど(w

こんなの序の口だとはね

城址までの道中。ここまでは地図にちゃんと道があった。
はっきり言ってこんなの序の口の田舎度。


谷戸の一部ですね

前の小山田でも見られた谷戸。
聞いた話では、多摩では山が多く、平地が少ないことから
こういった谷戸にも水田がどんどん開拓されたそう。



ここから山肌にぶつかり急勾配へ。


この地形は等高線がおかshかったです


途中畑の真ん中をぶっちぎりながら獣道へ突入。
まさに探検しているみたいでテンションアップ。

横の竹やぶもかなりうっそうとしていてすごかった!
写真も撮ったけどこれは行って見なきゃわからんだろうな。

こういった足場の悪い場所はサークルの2年生overで行くと
きっと盛り上がるんだろうな。


獣道を抜けると未舗装ながらも大きめ(車一台分くらい)の道に出る。
すぐに小野路城址にぶつかる。

城自体は鎌倉時代のものなので当然何も残っていなく、
祠があるのみ。

山の逆側に回り込むと小野井戸と呼ばれる湧き水に出くわす。

小野井戸というそうです


本当に微量の湧き水です。
なんでも小野小町が目を洗ったところ病が全快したという伝説があるとか。


藪の中に突然現れる湧き水を見つけた人は本当にすごいと思う。
今見たく道が出来ているわけじゃないのに
その中に突入していくんだからすごい。



獣道をうねうねと抜け野津田方面へ…


って途中で道を間違える、というか地図にない道に再度突入し
不安になりながらも進んでいく。

たまたま景色のよかったところ

ちょっと一息つけた場所。だっけか?

本当に人1人しか通れないような道をひたすら登ったり下ったりする。
行き止まりかと思いきやまだまだ道は続いているからすごい。


僕はこういうとき森林浴しかできないのだが
動植物に詳しかったらさぞかし有意義にすごせる道じゃないだろうか?




道祖神というらしい

途中に見かけた石碑。
「道祖神」というらしい。

小野路周辺は鎌倉時代・江戸時代に街道が敷かれたところで
獣道を通っていると特に鎌倉時代の石碑や石仏・地蔵に出会えることがある。

これは比較的新しいものっぽいが、鎌倉時代のものになると
彫ってある文字が全く読めないまでに削れていたりするらしい。


現在は人気の全くない山道でも
大昔に人の往来があったことが実感できて感動する。


藪道も何個にも分岐していて
「小野路を制覇しようとするとヤバいことになる」と言われた
意味が分かった気がする。


山中の道をさ迷いながらなんとか舗装道路へ帰り、最後に
小野路一里塚を見ておく。
なんでこんなに整備されてんのさ

うわ!

何!?この真新しさは!

地図にあったから旧所・名跡だと思ったのに
すんごい最近作られた感じ。

でもこの一里塚を通っていた大山街道は現在も一部残っていて
その道のりを歩くことも出来る(舗装されてるけど)。


この後バスを捕まえて帰りました。


何より言いたいことは
この大自然と歴史的遺産が多摩ニュータウンから目と鼻の先にあるということ。
東京都心部からわずか30kmのところに
広がっているというこの素晴しさ!

この自然と遺跡がいつまでも残りますように。


日照時間が短いこの時期はキツいけどまた探検したいもんだな。

しかしまぁこの2日間は疲れたわぃ。
筋肉痛がこれ以上起きませんように・・・・



P.S

散歩終了後に待ち受けていた研究室の飲み会はマジでダルかった…
社会人になるとこんな苦痛な飲み会ばかりなのでしょうか・・・?
スポンサーサイト
別窓 | イベントっぽいの | コメント:2 | トラックバック:0
<<京成船橋駅へ | ちょっとそこまで | TOUR DE TAMA 2007>>
この記事のコメント
マジで行きたかった・・・(´Д`)
ドタキャンして本当にごめんね(ノД`)
次回は・・・次回こそは!!

PS,
筋肉痛にはバンテリン☆
2007-11-20 Tue 01:09 | URL | ゆ #-[ 内容変更]
大丈夫大丈夫。1回で回りきれるほど小野路は甘くないから!
そのうち『次回』が存在するはずだよ!

筋肉痛は結局存在せず(w
僕もまだまだ若いな。
2007-11-22 Thu 00:36 | URL | ギョ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ちょっとそこまで |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。