The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ゴールドエクスペリエンス
2010-03-05 Fri 19:57

ども、ども、ども


大変お久しぶりです。


先日修論とかいう紙クズを突きつけてやりました。


後日二日酔いでそのまま大阪へ。


ニュースで賑わったかは知りませんが
500系のぞみが東海道区間から撤退とのことで

その惜別乗車のために。


往路も500系のぞみにすりゃ良かったかなとか思いつつ
新宿12時発のスーパーあずさから松本で
大阪まで直通のしなの16号で大阪へ


7時間の乗車時間だったけど物足りないと思える自分すごい。



大阪では時間が全然なかったけど聖地巡礼で
夙川やら甲陽園前やらへ。


ええ、ハルヒです。







そして翌21日に500系のぞみで東京へバックした後バイト…

バイト明けの22日に実家へダイブして23日からは





イタリアー



ヤローばかり8人で
ローマ→フィレンツィエ(&ピサ)→ヴェネチア→ミラノ
を回ってきました。




時系列で書くと大変なことになるので


テーマ別にまとめましょ




JOJOの舞台として


ローマ、ヴェネチアあたりはまさにJOJO第5部の舞台!!


ちゃんと予習して行きゃ良かったと反省しつつ
カメとジッパーのみ持参。

具体的にやったことは

サン・タンジェロ橋でジョルノvsディアボロ

ヴェネチア・サンタ・ルチア駅前での
ミスタ(セックス・ピストルズ)vsギアッチョ(ホワイト・アルバム)
サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会での
ナランチャ(「行くんだよォォォオオ!」のとこ)と
ブチャラティ(エレベータ内部と教会の石柱でのスティッキー・フィンガーズ発動のとこ)


あたりをやってみました。

いや~↓のURLで答え合わせしてみると
一致しているところが一つもねぇぇぇェェ!

ジョジョ立ち教室inイタリア

むしろ答え合わせして赤面したっ!


せっかくのイタリアなのに
一人を除いて仲間全っ然ノってくれないので
そういう意味でも消化不良…

せめてカメラマンぐらいはちゃんとやってくれっての!

ちなみにサンタ・ルチア駅前での
ミスタvsギアッチョの再現中は現地人に失笑されていたそうな。


天使と悪魔の舞台として

「ダ・ヴィンチコード」の続編の「天使と悪魔」の
舞台はまさにローマ、そしてヴァチカン。

映画は見てないけど小説で読みました。

物語の舞台となる
ヴァチカン・サンタンジェロ城・隠し通路・四大河の噴水(ナヴォーナ広場)
パンテオン・ヴィットリア教会
を率先して巡ってきました。

芸術や歴史に関する教養がカスなのでこういう回り方しかできません…

あとサンピエトロ大聖堂の入ってすぐ右にある
ミケランジェロのピエタ像は「深夜特急」の舞台としても出てきたので
そちらも念入りに拝見。


しかしまぁなんというか
ミケランジェロ・ベルニーニ・ラファエロ
といった超有名(らしい)芸術家の彫刻が無造作に置かれているあたり
ローマってのはすごい街だと思う。


カトリック総本山として

ここまで出てきた教会内にはもちろん入りました。

教会内の厳かな雰囲気というか、聖なる場所としての雰囲気は圧倒されるものがあった。

本物のクリスチャンと思われる人が
十字架を切ったり跪く姿を見ると
観光としてきているこちらが申し訳なくなるような感じ。

回りに合わせるとかの生半可な気持ちで
見よう見まねで十字架を切って良いのだろうか。
ちょっとした葛藤があったけど、結局申し訳なさが先行して
十字架やら祈りやらはせずに終わった。

自分は無宗教だけど、宗教を信仰する者にとって
教会、特にサンピエトロ大聖堂はどのような思いを抱いているんだろうねぇ。


そんな教会で声を出して笑っている日本人、
というか僕の仲間の一人を見たときには日本人として本当に恥ずかしくなった。



ていうか!!!!!
市民の9割がカトリックで、
その総本山があるローマの治安が悪いってどういうことだよwww

スリ、置き引き、窃盗をしても、祈れば何でもかんでも
神が許してくれると思うなよwwww

それだけは言いたい!


イタリア国鉄

正しい乗車券を持っていないと即罰金。
乗り越しとか後払いの考えも一切認めない。

そんなステキ仕様なイタリア国鉄。


イタリア上陸直後のローマ空港→テルミニ駅
でのる電車を間違え、早速罰金を喰らうという洗礼を受けました。

一応抵抗したんだけどね。
「駅に案内なかったぞ!」と言ったつもりが、向こうには
「罰金なんて書いてない」と受け取ったらしく
きっぷの券面を2回ほど見せられました。

俺の英語ヘタレ…


まぁ抵抗して勝つ気もなかったけど、
一応「日本人だからって黙って罰金払うと思うなよ」というささやかな抵抗でした…
でも間違いは間違いだかんね…


都市間の移動は全て鉄道なうえに
ピサに行ってみたり、ヴェネチアではホテルからヴェネチア本島まで
一駅電車に乗る必要があったので乗りまくり!

後半はシステムにも慣れてきました。


出発10分ぐらい前まで発着ホームが分からないのもご愛嬌w


REG(レッジョナーレ=日本でいう近郊普通列車)
ESC(エウロスターシティ=日本でいう特急)
AV(アルタ・ヴェロチタ=日本でいう新幹線)
と各車種の差異と料金差も余裕ですwww

鉄ちゃんとして語りたいことはあるけど今回は省略。


飯ウマー


イタ飯うめぇぇぇぇ~~~~

ピザにパスタ、チーズに生ハム、コーヒー、ワインと
どうしてイタリアの飯はこんなにも安くて美味いのか!!!!!!


イタリアでコーヒーを注文すると必ずエスプレッソが出てくるのも
一つ学んだこと。

あとカフェでの金の払う順序が違って怒られたり
パニーニ(サンドイッチみたいなやつ)のメニューがない店は
自分で挟むものをチョイスできるとか
向こうのシステムに慣れるのにちょっと時間がかかりました。


でもこういうのに順応できると
現地人の仲間入りできた感じでちょっと嬉しい。

そのために日本語はもちろん
英語も通じないような店にブッ込むと最高ですな!


そしてイタリアにはファーストフードが異常なまでに少ない。
裏返すと個人経営の自国料理や自炊で十分間に合っているということかもしれない。

たしかにどこもかしこもメチャクチャ美味いし、それでいて安い。
そしてピザ、パニーニ、ジェラート、ビール、ワイン
を扱うBAR(バール)がそこらじゅうに
あるからファーストフードチェーン店の入る余地なんてないのかも。

イタ飯は日本でいう駅そばのような感じでどこに行っても
一定以上のクオリティと安さをキープしていて本当に最高。



イタリアの風土

イタリア人はおしゃべり好きで
相手に言葉が通じなかろうがコミュニケーションを図ろうとすることで有名だが
全くその通り。


観光地ばかり行ったせいもあるけど
英語もロクに話せないうちらにも暖かく接してくれた。

言葉が通じなければジェスチャーでもなんでも使って教えてくれた。
裏返せば日本人はコミュニケーション下手だよなぁ~と。

正直外国人との会話の7割はジャスチャーで通じるものだと思うのだけど
そのジャスチャーが小さくてただキョドってる風にしか見えない。


それとローマ時代以来、都市国家として成長しただけあって
都市と田園部の差が明確。

鉄道が総じて高速運転するのも理解できる。
(リッジョナーレでも130kmは軽く出してたと思う)


そんでもって都市自体もコンパクトな都市が点在しているから
国としてはいい形だと思う。
その他ヨーロッパやアメリカもそんな形だけど
日本の東京一極集中型は本当によくないと思う。

地方の衰退と東京のパンクとで良いことが何もない。


ちなみにイタリアでナンパされなきゃ女として認められないとか言われるけど
漢ばかりで行ったのでそればっかりは検証できませんっ!!!!!


英語を見たときの安心感は異常

今回は友達と一緒だったので一人旅のように日本語に枯渇することはなかったけど
その代わり現地人の意思疎通や案内がかなり難しかった。


イタ語なんて挨拶と数ぐらいしか知らないから
自分の意思を伝えることもできない。

案内も名詞は英語に近いものがあるけど
動詞に関しては英語と程遠い単語もあるので、案内が読めん。

良いのか悪いのか、プラスかマイナスなのかすら分からないと
間逆の行動をしかねないし。


そんな中で英語を見ると本当に安心。

これは今まで感じることのない気持ちだったけど、英語でこんなにも安心するとは。


会話でもこっちから「英語話せますか?」と聞くほどでまさに英語は世界の公用語なんですね。

(ただ、こっちから聞くとほとんどNOで、英語を話せる人は向こうからこっちに聞いてきました…orz)



そしてその英語が聞き取れるっ!!!


半年前にカナダ行ったときより格段に相手の言っていることが分かる!!!
「分かる!!私にも英語が分かるぞ!!」
と、シャアのような言葉が出てくる今日この頃。


あれ、俺英語上達したんじゃね????


と思ったのもつかの間。

ようはイタリア人にだって、英語は外国語であって
簡単な単語と文法を使ってゆっくり話しているに過ぎないわけで…

そりゃ聞き取れるわな…

それは帰りの飛行機(ルフトハンザ=ドイツ)でも証明されました…orz



でも、まぁそんなヘタレでも
英語で意思疎通ができたのはそれなりに嬉しかった。


他の仲間たちのように「あうあうあー(^ρ^)状態」にならなかっただけでもよしとしよう。
仲間の何人かは、仲間同士の会話では無駄に英語を多用するのに
現地人との会話になると途端にヘタレになる人多数ですたwwww
(まぁ海外経験の少ない人は仕方ないけどね。)



ウン、せめて英語くらいはちゃんと勉強しよう。







というわけですんげー楽しかったー!

さて、残る学生生活も1ヶ月切った!!
後は国内一人旅を一発かましたらようやく社会人なんだなぁ~

海外一人旅をもう一発かましたくなったけど
それは社会人になってからだな。

少なくともこの腐った2年間よりかは休みが多いはずだから。
スポンサーサイト
別窓 | 旅行記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<なんぺーラストラン | ちょっとそこまで | ストっておい!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ちょっとそこまで |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。